dazy:


コスパ重視のサイクリストに角形紙パックホルダー : ギズモード・ジャパン 「CARTON CAGE」を使ってみませんか。ご覧のように角形のボトルケージなんですよ。 ネタなのかと怪しんだら、メーカー名そのものからしてCarton Cage。本気なんだ…そして、このサイズの紙パックって世界共通なのですか! 1,000mlの紙パックにも対応しています。

dazy:

コスパ重視のサイクリストに角形紙パックホルダー : ギズモード・ジャパン 「CARTON CAGE」を使ってみませんか。ご覧のように角形のボトルケージなんですよ。 ネタなのかと怪しんだら、メーカー名そのものからしてCarton Cage。本気なんだ…そして、このサイズの紙パックって世界共通なのですか! 1,000mlの紙パックにも対応しています。

出典: dazy



たった一語変えるだけで、ネイティブのように話せる8つの英単語


1. Share(分かち合う、共有する)
「言う」にあたるtellやsayを使うと、聞き手に一方通行のイメージを与えてしまうもの。聞いている人も話に参加している気持ちになってもらいたい。そんな時は「分かち合う」と気持ちを表現するようにshareを使ってみましょう。

I will share with you my opinion on this issue.
みなさんにこの件についての私の意見をお話します。

2. Learn(学ぶ、習得する)
「何かを学ぶ」という時にstudyを使う人は多いですが、学校の勉強ではなく実生活から学ぶことはLearnです。ビジネスの世界も日々学び。「我々は過ちから学ぶ」なんて言うときには、sutdyではなくLearnを使いましょう。

We learn from mistakes.
我々は過ちから学ぶ。

3. Aim(狙う、目指す)
「やってみます」とI will tryを使うこともあるかと思いますが、国際ビジネスの世界では「うっかりの口約束」はご法度です。代わりにaimが便利です。「やってみる」ではなく、「目指します」という意味で、やる気も伝わる表現になっています。

We aim to acquire 1 million new users.
新規ユーザーを100万人獲得することを目指します。

4. Issue(課題)
「問題」という言葉はよく使うもの。ここでProblemを使うと、聞き手にネガティブなイメージを与えてしまいます。前向きに課題を解決したいのであれば、issueを使いましょう。緊急性をアピールでき、課題の核心を表現しているissueならば、すぐに問題も解決するはずです。

We need to talk about this issue.
この課題について話しあわなければいけません。

5. Initiate(始める)
何かを始める際にstartばかり使っていては、普通すぎます。initiaiteには積極的に、責任をもってことを起こすというニュアンスがあります。時にはstartをinitiateに変えて、始めてみましょう。

We initiated our structural reform this April.
我々はこの4月から機構改革を始めた。

6. Opportunity(機会、好機)
チャンス=chanceと考えるのはちょっと危険です。英語のchanceには、偶然性やリスクという意味合いも含まれていて、冒険や賭けという意味でも使われます。より実りやすい好機、確実性が高く前向きな好機はopportunityに言い換えましょう。

I would like to take this opportunity to thank everybody.
この機会を利用して皆さまに感謝したいと思います。

7. Produce(生産する)
ものをつくるときに「作る」からmakeを連想しますが、もう少しネイティブっぽくするなら「生産」の意味を持つproduceにしてみましょう。単に作るというよりも、よりクリエイティブスキルを用いて作るというイメージを伝えられます。

We produce automobiles.
我々は自動車を生産しています

8. Organization(組織、団体)
「我が社」というときにour companyと表現する人も多いと思いますが、時はour organizationとしましょう。この言葉には、有機的な人のつながりを感じさせる組織という意味があります。時々言い換えることで、無機質な会社というイメージを与えずにすむでしょう。

Our organization is generating more profit than last year.
我々の組織は前年よりも利益を出している。”

【英単語】たった一語変えるだけで、ネイティブのように話せる8つの英単語 | 鹿田尚樹の「読むが価値」 (via tokunoriben) (via kiri2) (via clione) (via fumi-tano) (via mogemura) (via amaphtx) (via soulboy) (via fileo) (via rarihoma) (via mktx) (via nagas)
2010-06-03 (via gkojay) (via hakase101) (via stilllll) (via usaginobike) (via lovecake) (via sakimura) (via tokada) (via mmmmm-mmmmm)

出典: tokunoriben


実際に「お疲れ様です」が意味するのは「やぁ!」、つまり“Hi.”ということになります。

実際、英語でメールを書く場合の書き出しは、たいてい“Hi.”もしくは“Hello.”で始めれば十分です。それだけだと心もとないという場合は、下記のように表現することもできます。

Hi. How are you?
Hi. How are things?
Hi. How’s life?
Hi. How was your weekend?
Hi. How’s everything?
Hi. How’s it going?
Hi. How are you doing?

これらの表現はすべて「やぁ、調子はどうだい?」という意味であり、体の調子や近況の様子をちょっと気にかけるくらいの質問を“Hi.”の後に投げかけるのが、英語流の「お疲れ様です」に値する表現になります。

「お疲れ様です」は英語でどう言う?ビジネス英語メールで使いたい3つの基本表現 | DMM英会話ブログ

出典: eigodmm.com


“昔はそれこそ「24時間働ける」人がバリバリのビジネスパーソンだと見られていたんだと思いますが、2014年の今においては、ちゃんと休息を取っていて、健康を維持しているビジネスパーソンが「仕事ができてかっこいい」と認知されるようになりつつあると思うんですよね。”

「24時間働けますか?」はもうダサい。次は「毎日8時間寝ていますか?」だ : まだ東京で消耗してるの?

出典: ikedahayato.com


“馬鹿というのはその知性全部が馬鹿ということではなくて、専門にしていない、勘の働かない分野において、人間誰しもは馬鹿なんだと思うんですよ。コップを傾ければ入っている水が深くなるところと浅くなるところができるというだけで、水を入れる努力を惜しむと深いと思い込んだ浅い部分が露になって、余計な議論を開陳してしまって恥をかくというのが渡世なんだと思いますね。”

内田樹せんせが斜め上の角度からカジノ法案をDISる一部始終: やまもといちろうBLOG(ブログ)

出典: kirik.tea-nifty.com



1 2 3 4 5